2017グラミー賞のビヨンセのドレス衣装が圧巻!デザイナーは誰?

こんにちは!PINEです。

2017年2月13日、音楽業界のアカデミー賞とも称えられる世界最高峰の音楽賞第59回目となる「グラミー賞」が発表されました。WOWWOWでご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

現在双子を妊娠中のビヨンセ(Beyonce)の受賞が囁かれていましたが、今回の受賞もアデルが主要部門含め5冠を達成しましたね。ビヨンセは最優秀アルバム賞と最優秀レコード賞をアデルに譲る形となってしまいましたが、最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞と最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞しました。

最優秀賞の受賞にはならなかったものの、ビヨンセのパフォーマンスとドレス衣装がとても素晴らしいものでしたので、ぜひご紹介したいと思います。双子妊娠公表後、初となるパフォーマンスを披露です!

画像参照:The Huffington Postより

まずは素晴らしいパフォーマンスからご覧下さい!

9つの賞にノミネートされている最新のアルバム「レモネード」の中の2つの曲「Love Drought」と「Sandcastles」が披露されました。圧巻のパフォーマンスに鳥肌ものでした。(全編の動画が掲載出来ればいいのに残念!)

今回はシンプルな問い「生まれてきた時のことを覚えている?」から始まり、母性をテーマとしたパフォーマンスでした。まるで裸のような衣装にシースルーの衣装。頭にはゴールドの冠。今回グラミー賞の衣装は50人がかりで1週間かかったと言われています。

動画参照:via GIPHYより

via GIPHY

今回のドレス衣装を作ったデザイナーは誰でしょうか?

10年以上にわたってビヨンセの衣装を手掛けている「ピーター・デュンダス(Peter Dundas)」という方のようです!

彼は、元「ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)」のクリエーティブディレクター。ロベルト・カヴァリLOVEの管理人としては、ビヨンセの衣装が気になった訳です!

ピーター・デュンダスは、ロベルト・カヴァリのクリエーティブディレクターを2016年に退任したばかりです。自身の名を冠したブランド「ピーター・デュンダス」の初お披露目がビヨンセによる着用となったようですね!きっと最高の宣伝になりましたね。(いやらしい私。笑)

画像参照:FASSION PRESSより

デザイナーピーターとビヨンセの関係って?

長くビヨンセとお仕事をされてきたピーターは、こんなことを言っています。

「ビヨンセと僕には長く仕事をしてきた関係があるんだけどね。彼女はいろんなレベルで信頼できたり、通じ合える人を求めてたんだと思うよ」

「僕は衣装の中に物語を作るのが好きなんだ。そうすることで面白い形で彼女を讃えることができるんだよね」

確かに今回のドレスにはどれも彼女自身のストーリーを彷彿させるような衣装ですね。ビヨンセと生まれてくる双子を祝福するような衣装は、きっとビヨンセにとっても一生の宝となったのではないでしょうか。

まとめ

ビヨンセの2017年グラミー賞ドレス衣装を作ったのは、「ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)」デザイナーの「ピーター・デュンダス(Peter Dundas)」。自身の名を冠したブランド「ピーター・デュンダス」の初お披露目を双子妊娠中のビヨンセが行なう形になりました。

出産予定は公表されていませんが、6〜8月になる見込み。ビヨンセにもデザイナーのピーターにも目が離せませんね!美しいパフォーマンスを行なって頂いたお二人には、ぜひこれからも幸せになってほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク