オモ(白キリン)がかわいい!なぜ白い?名前の由来は?住んでる場所や行き方や寿命は?【ゲキレアハンター】

こんにちは、小学校の頃、キリンの絵を描いて賞を獲ったことがあるPINEです。キリンと言えば、黄色ですよね。

8月18日のゲキレアハンターに世界に一頭しかいない白キリンオモがテレビに登場します!ホワイトタイガーや、白い馬、へびなど、どれもですが、白い動物って、なんだかすごく神々しいですよね。すごくかわいいので、ずっと見ていたくなります。

なぜ白キリンが生まれたのでしょう?住んでる場所や寿命はどのくらいなんでしょう?今日はオモについて、調べてみます!

画像参照:MAIL ONLINE

スポンサードリンク

住んでいる場所はどこ?

白キリンのオモはタンザニアのタランギレ国立公園に住んでいるそうです。国に保護された場所です。

タンザニアってどこよ?って思いますよね。タンザニアはケニアの南に位置する場所です。アフリカの真ん中より下で、東側です。

友人がケニアに住んでいるのですが、市街地から一歩出るとただただ広い土地だと言っていました。タランギレ国立公園もきっと私が思っているような、公園じゃないんだろうなーと思います(笑)

日本からは、タンザニアの空港ダル・エス・サラーム国際空港までは、20時間程度、そこから、タランギレ国立公園までは車で13時間ほどかかるようです。めっちゃ遠いですねー。

キリンの寿命ってどのくらいなの?

通常のキリンは10年から15年と言われています。大型のワンチャンくらいのイメージでしょうか。思っていたより寿命が短くてびっくりしました。

ちなみに象は、平均寿命は48〜70くらい。トラは20〜26ライオンやしかは、キリンと同じくらいで10〜15年くらいのようです。動物によって平均寿命がこんなにも違うものなのですね。

白キリンのオモにも長生きしてほしいですね。でも他の動物にいつ襲われるか分かりませんし、密売の魔の手も忍び寄っていると言われますから、寿命以外にも危険はいっぱいのようです。昨日もちょうどクレイジージャーニーを見ていましたら、路地の裏では、密売が盛んだと言われていました。オモにそんな危険が迫りませんよう、祈るばかりです。

ちなみにオモは、2015年に赤ちゃんキリンとして発見され、今も生き延びています。

キリンの生まれてから半年くらいまでの生存率は50%とも言われていますから、よく生き延びてくれました。

画像参照:http://www.wildnatureinstitute.org/blog

スポンサードリンク

オモはなぜ白いの?

オモがなぜ白いかというと、白変種と言われる生物が生き延びていく上で基本的に備えられた遺伝子構造(リューシスティック)と言われているようです。色素ができない遺伝子欠如とも言われていたようですが、それとは異なるそうです。

オモは、まるでスイミーみたいですね。一人だけ黒い、でも人気者みたいな。アニメにもなっちゃいそうですね、かわいいなー。

世の中には、白いコウモリやホワイトタイガー、白いへびなどがいますが、実はどれも基本的な生物の生体なんですね。でも希少種だけあって、崇めたくなりますよね。

画像出典:https://ehonsanpo.com/swimmy/

オモの名前の由来は?

オモの名前の由来は、タンザニアの有名な洗剤「OMO」からとったようです。

この洗剤、白くよく落ちる洗剤なんでしょうかね?命名にセンスを感じますね(笑)

まとめ

白キリンのオモを調べたところ、こんなことが分かりました。確かに調べていくうちにとても愛着が湧いてきました。番組終了後は、白キリンのオモはより人気者になるんだろうなー。

  • オモはタンザニアのタランギレ国立公園に住んでいる
  • 2015年に発見されている。3歳くらい?
  • キリンの寿命は10〜15歳
  • 白い理由は、白種変(リューシスティック)だから
  • 白キリンの名前はオモ。
  • 名前は有名な洗濯洗剤からとった。この洗剤がよく落ちるかは謎。笑

番組の放送が今から楽しみです!

画像参照:MAIL ONLINE

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク