マスミ紀じいこと中村紀雄の縁起が良すぎる宝くじ売り場は100億?守り神は布袋?【月曜から夜ふかし】

こんにちは、pineです。4月3日(月)23:59からは月曜から夜ふかしですね。今回は、縁起が良すぎる宝くじ売り場がでるそうです。

浜松にある宝くじ売り場のマスミでは?と思ったので、ちょっと調べてみます♪マスミの紀じいこと中村紀雄の守り神は布袋さんだそうです!2015年時点で98億を突破されていました!現在は100億も近いようです。スゴいー!!マツコさんもびっくりなのでは?

スポンサードリンク

宝くじ売り場マスミはどこにある?

場所は静岡県浜松町から徒歩10分のところにあります。

宝くじが当たると思えば、交通費と時間を使ってでも買いにいく価値はあるかも!

静岡県浜松市中区板屋町521番地
TEL:053-453-9286 / FAX:053-456-4334

交通アクセス
JR東海道線   「JR浜松駅」下車 徒歩10分
遠州鉄道西鹿島線 「遠州病院前駅」または「第一通り駅」下車 徒歩5分
遠鉄バス     「県総合庁舎」または「広小路」下車 徒歩5分
東名高速道路   「浜松IC」より(JR浜松駅を目標に)自動車で20分

駐車場
店舗北側に13台分ございますが、出来る限り公共交通をお使い下さい。

動画でみておくと、分かりやすいかも!

営業時間は?

平日9:00-20:00

土.日.祝日9:00-19:00
※ジャンボ発売期間中は最終日を除き、24:00まで
※12月31日-1月3日を除き、原則無休
ナンバーズ・ロト受付/支払時間:9:00-19:00 ※抽選は18:30まで

高額当選が出るようになった訳は?

はじめて1等が出たのは1986年の年末ジャンボとのこと。当たるようになったのにはきっかけがあるそうです。

マスミの紀じいは、中学2年で父が亡くなり、母のしづさんは女手ひとつで毛糸店を切り盛りしながら、紀じいら3人の子を育てたそうです。1952年から、宝くじ販売も始めたが片手間ゆえか、大当たりは1度もなかったとのこと。

そのお母さんが亡くなった直後に、ある常連さんから『100万円当たったからお礼』と1万円いただいたそうなのです。

その1万円を吞んでぱーっと使っちゃおうか、と考えていたところ、ふと入った古道具屋の店の奥で埃をかぶり、肩や背中にはひびが入っていた木彫りの布袋像が4万円で売っていたらしいのです。ふと、おじぃはなぜか買わなければならないと思ったとのこと。

そしてその布袋様を店頭に飾ったそうなのです。すると1986年年末での1等8千万円以来、ほぼ毎年、ジャンボ長者が誕生!その数、53人。2013年には初の10億円BIG1等まで出て、地元は大騒ぎだったようです。

画像参照:マスミ

スポンサードリンク

20坪の店が140坪に!

毎年のようにジャンボの1等が出て、地元で知らない人はいない人気売り場に。20坪ほどだった店も、移転や増改築を経て140坪にまで大きくなったようです。

紀じいは、宝くじの時期には、布袋さまだけじゃなくて、近くの神様、お墓にお参りするようにしているそうです。紀じいは守られているんですね〜〜。

布袋様ってどんなご利益のある神様?

私もご利益をいただきたい!と思った方もいらっしゃるのでは?布袋様ってどんな神様なのでしょう?

布袋様(ほてい)は、唐末の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したとされる伝説的な仏僧です。布袋様は金運の神様と言われていますが、もともとはいわゆるホームレスと言われています。しかし、いつもニコニコ、ポジティブシンキングで周りの人を幸せにする、そんな力をお持ちのようです。

金持ちの豪邸には、大黒様や恵比寿様ではなく、布袋様が置かれていると言われています。これは、布袋様が本来持ち合わせたポジティブシンキングが仕事を成功させ、結果としてお金回りがよくなるからでは?と言われているようです。

ご利益をいただくには、布袋様から考え方を学ぶことが先決のようですね!

画像参照:開運グッズ

スポンサードリンク

当たって怒られたことがある??

20年ぐらい前、80歳ぐらいのおばあちゃんが“当たってるか確認してくれ”って店に持ってきたらしいのです。そしたらなんと、1億3000万円当たってたそうなのです。紀じいもおばあちゃんも興奮してしまい、危ないからと、念のため紀じいは気を使っておばあちゃんの長男に連絡したらしいのです。

しかし、これがなんと、大問題に…。

なんでも、おばあちゃんには子供が5人いて、当たった時は「みんなで仲良く分ける」って言ってたらしいのですが、長男が独り占めしたみたいで。。。

おばあちゃんに“あんたが長男に連絡したせいで、家族がバラバラになったのよ”って怒られたそうです。

笑えるような話ですが、お金って怖い力を持っているんですね〜。

マスミ取り扱い分の発売の予定は?

宝くじってずっと売っているんですね〜。

一番そそられるのは、前後賞ありのドリームジャンボですよね!

発売開始/1等賞金

4月1日(土) 全国500万円×56本 スクラッチ200円
4月1日(土) 関中東2000万円×1本 前後賞あり100円
4月1日(土) 関中東6000万円×1本 前後賞あり200円
4月12日(水)関中東100万円×65本 スクラッチ200円
4月19日(水)全国6000万円×3本 前後賞あり200円
4月19日(水)関中東 1000万円×1本 前後賞あり100円
4月26日(水)関中東 30万円×360本 スクラッチ200円
5月10日(水)全国 ドリームジャンボ 前後賞あり300円
5月10日(水)全国 ドリームジャンボミニ300円
5月10日(水)関中東 100万円×55本 スクラッチ200円
5月24日(水)関中東 50万円×55本 スクラッチ200円

宝くじが当たった時の予備知識

宝くじって当たったことありますか?私は残念ながら数百円しかありません。。当たった時の予備知識を入れておこうと思います。備えあれば憂いなしですから。笑

その1.当選金には税金はかからないようです。

高額当選したときなど、気になるのが税金ですよね。宝くじの当選金は、非課税扱いとなっていて、いっさい所得税はかからないそうです。また、当選金をお支払いしたみずほ銀行の本・支店では、ご本人からのお申し出があれば、税務署などに対してお金の出所を証明する当選証明書を発行しているそうです。税金かからないっていいですね。

その2.当たったら銀行に行きましょう!

宝くじの当選金は、全国のみずほ銀行の窓口でお支払いしているそうです。10万円を超える当選金を受け取る場合には、ご本人であることを証明できるもの(健康保険証、運転免許証など)と印鑑をご持参いただく必要があるそうです。小額当選でもいいので、まずは当たってみたい。マスミで買わないと!

その3.当選金には時効は1年

当たったことに気付いていない人って結構いると話題になりますよね。宝くじの当選金は時効支払開始日から1年間と定められていますので、買ったときはちゃんとチェックしましょう!平成6年度中の時効当選金は、278億8,045万円もあり、この中には1,000万円以上のものが184本もあったそうです。もったいないーーーー!

最後に

宝くじって本当に当たる人がいるんですもんね〜。浜松に旅行がてらいってみようかしらと思っちゃいました。縁起がよい宝くじ売り場は他にもあるので、近々調べてみようと思います♪今日の月曜から夜ふかしの特集はマスミかな〜。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク