スワロー島(クック諸島)はどこ?海賊キャプテンキッドの財宝が残る宝島?旅行に行ける?【世界の何だコレ!?ミステリー】

こんにちは、pineです。4月5日(水)19時00分〜「世界の何だコレ!?ミステリー~嘘か真か!?あのミステリー現場を直撃スペシャル」にスワロー島という宝島のモデルにもなったと言われる伝説の島が出ます。

スワロー島とはどんなところなのでしょうか?

スポンサードリンク

スワロー島はどこにある?

日本から8100kmのところにある島です。場所は赤道を挟んでほぼハワイの反対側という場所に位置しています。

スワロー島は、クック諸島という聞き慣れない名前の国にある島の一つです。クック諸島は、200万平方㎞の海域で、15の小さな島々で構成されているようです。

個々の島は赤道寄りにある「ノーザン・アイランズ」と、更にその南にある「サザン・アイランズ」に分類されていて、ノーザン・アイランズには6つの島があり「スワロー島」はノーザン・アイランズにあります。

「スワロー島」はスチーブンソンの『宝島』のモデルになったと言われています。アニメのワンピースにもスワロー島って登場していましたね。きっとここからとっているのでしょうね。

スワロー島って、たった9.8 km²しかないそうです!ちいさっ。

どんな伝説があるの?

スワロー島は、海賊キャプテンキッドの財宝伝説が残る島と言われています。

キャプテンキッドとは、ウィリアム・キッドのことで、スコットランド生まれの私掠船、海賊船の船長です。実在の人物です。

しかし、残念ながらこの噂には何の根拠も無く、現在までに財宝が見つかっていないようです。見つかっていないから夢のある宝島のような気もするのですが、、笑

財宝が出てきたら、夢のようでしょうね!

小説「宝島」ってなに?

イギリスのロバート・ルイス・スティーヴンソンという小説家が「宝島」という小説を書いています。スワロー島は、この小説のモデルになったと言われています。

『宝島』は、1883年に出版されて以来、多くの子どもたち、大人たちを魅了してきました。

物語は、ジム少年の父親が経営する「ベンボ―提督亭」に顔に刀傷がある老水夫がやってきたところから始まります。その老水夫が持っていた宝島の地図を手にいれたジムは、地主のトレローニさん、医者のリブシー先生とともに、宝探しの航海に出ることになるのです。

ところが、その船はジョン・シルバーという片足のコックを中心に反乱が企てられます。味方は7人、敵の海賊は19人という状況に陥り、仲間にならないものは容赦なく殺す残忍な海賊を相手に、ジムたちは、撃ち合い、だまし合い、と駆け引きをくり返し、最後まで息もつかせぬ展開となります。スリルとサスペンスに溢れたストーリーと登場人物たちの個性が際立った作品です。

スポンサードリンク

クック諸島へ観光に行くなら…

スワロー島は無人島のため、宿泊をすることなどは出来ませんが、クック諸島には旅行することが可能です。

日本の国籍を持つ人がクック諸島に入国する際には、有効期限(滞在期間+6ヶ月)のあるパスポートと出国用の航空券があれば、31日間までビザなしで滞在可能なようです。

日本からクック諸島へは、ニュージーランド航空で、成田からオークランド経由でクック諸島のラロトンガまで行くことができます。成田〜オークランド便は毎日運航しているので、すごく行きづらいという訳ではないようですね。

クック諸島の気候はハワイとよく似ているようですが、季節が逆になるので、しっかりチェックして行った方が良さそうです。

それにしても、海が信じられないほどきれいですよね〜。あ〜〜、行きたい、、、

最後に

スワロー島には、元ニュージーランドの兵『トム・ニール』がという方が住んでいたこともあるようです。しかも猫と暮らしていたそうです。トムさんはもしかすると財宝目当てで移住したのかもしれませんね。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク