【江口有一郎】とは誰?佐賀は肝臓ガン死亡率がNo.1!無料でウイルス性肝炎をチェック!【NHKチョイス病気になったとき】

こんにちは、PINEです!

本日2月17日(金)に「NHKチョイス病気になったとき〜ウイルス性肝炎の対策〜」で放映される佐賀大学医学部付属病院肝疾患センター長【江口有一郎】さんについて取り上げてみたいと思います。

実は管理人は、親友が自己免疫性肝炎の難病指定されたことがある経験から肝臓の病気については、どうも敏感です。。

どんな病気も同じだと思いますが、日頃から自分の体を気遣いうことで、早期発見、早期治療ができるのではないかと思います。肝炎の啓発活動をされている【江口有一郎】さんの活動を応援できればと思いました!

【江口有一郎】さんってどんな人?

まずは基本情報から。【江口有一郎】さんは佐賀大学医学部 肝疾患センター センター長でいらっしゃいます。肝炎の啓蒙活動に励んでいらっしゃいます。

出身校: 佐賀大学医学部

お住まい:佐賀県 小城市在住

出身:福岡県 久留米市

画像参照:ミノファーゲン製薬より

佐賀県は肺がん死亡率が13年連続日本一位

佐賀県は、75歳未満の悪性新生物による年齢調整死亡率が【全国3位】だそうです。

また、肝がん粗死亡率が13年連続で日本一だとか。。

佐賀県は県をあげて肝がんを減らすための対策を打ち出しているようです。

肺がんの要因ともなる肝炎ウィルス

ウイルス性肝炎は国内最大級の感染症だそうです。

肝炎ウイルスに感染している人はなんと、日本人の約40人に1人!言われているそうです。え?私も?と思ってしまいました。国内には、300万人~370万人ほどが感染していると言われているそうです。ちょっと驚きの数字です。。
現在、がんによる死因で3番目に多いのが【肝がん】らしく、原因の約80%はB型・C型のウイルス性肝炎で、約15%がB型肝炎由来だそうです。

ということは、原因がはっきりしていますね。

そのため、肝がんは予防が可能ながんの一つと言われているそうです。

肝炎ウイルス検査は無料で受信できるらしい!

これまた、管理人は全く知りませんでしたが、肝炎ウィルス検査は【無料】で受診できるそうです。(自治体により異なる)

検索できるサイトを見つけましたので、ご紹介します。ご自身の自治体でも確認してみてくださいね。
◎東京都福祉保険局(東京健康ステーションHP)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kensui/etc/kanen/

◎肝炎ネット
全国の自治体を調べることが出来ます!

http://www.kanen-net.info/resource/1482552390000/kanennet/exa/exa_index.html

最後に

まずは、自分が肝炎ウィルスを持っていることを調べることから始めることが大切だと思います。40人に一人と言われているのですから、自分が持っていてもおかしくないですよね。

簡単な血液検査でチェックが可能ということですので、ぜひ調べてみましょう。私も近々調べてみよ〜と思います。ピロリ菌チェックより簡単そうですしね。

肝炎が治る時代となった今、【江口有一郎】さんは、治療が必要な多くの患者さんに早期に辿り着くために、啓蒙活動をされています。肝炎コーディネーターと呼ばれる地域に密着した方の教育も熱心になさっているようです。

昔の時代のように、街のかかりつけ医が生まれた時から死ぬ時まで診てくれることはなくなりましたが、気軽に相談できるコーディネーターのような存在は何よりも大事な存在だと思います。友人の自己免疫性肝炎の発症をきっかけに身近に感じるようになった肝炎という言葉。【江口有一郎】さんの取り組みを応援できればと思います。

2月17日に放映される「NHKチョイス病気になったとき〜ウイルス性肝炎の対策〜」をぜひご覧になってくださいね^^

画像参照:肝炎.netより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク