イッテQみやぞんが水の上を走る?!水上漂(スイシャンピャオ)中国少林寺奥義に挑戦!みやぞんの特技は?【世界の果てまでイッタっきり〜】

こんにちはpineです!

3月19日(日)19時58分は【世界の果てまでイッテQ】ですね!今回はANZEN漫才のみやぞんが世界の果てまでイッタっきりのロケで中国少林寺奥義「水上漂」(スイシャンピャオ)に挑戦するようです。

みやぞんは水の上を走ることができるのでしょうか?25mに挑戦するようですよ!今日はみやぞんと、この水の上を走る技「水上漂」について調べてみました〜。

スポンサードリンク

ANZEN漫才のみやぞんって?

本名:宮園大耕(みやぞの だいこう)

生年月日:1985年4月25日(31歳)

出身:東京都足立区

身長:172㎝

血液型:A型

規格外の天然キャラと言われるみやぞん。相方あらぽんとみやぞんは、幼なじみの2人組で2009年11月からANZEN漫才として活動しています。みやぞんがギターをかき鳴らしながら“歌ネタ”を展開していくのが得意のスタイル。

みやぞんの中学生の頃の夢は?

中学卒業時の文集には「漫才コンビかバンドで有名になりたい。だめなら獣医になる」と書いてあったそうです。

その頃からジャッキー・チェンが大好きで、スタントマンやアクション俳優にもなりたいとも書かれていたとか。
今回の「水上漂」(スイシャンピャオ)の挑戦はまるでカンフー映画さながらですから、みやぞんさんも感慨深いロケだったかもしれませんね!

画像参照:www.cinemart.co.jp

中国少林寺奥義「水上漂」(スイシャンピャオ)って?

「水上漂」(スイシャンピャオ)は、世界でたった一人しか出来ない、ギネスにも認定されている少林寺の秘奥義だそうです。中国・福建省に住む僧侶の釈理亮さんがこの道の第一人者。

釈さんは少林武術の達人ということで、中国ではものすごい肩書を持っていらっしゃるようです。釈さんがこの技に挑戦し始めたのは2009年から。当初は10メートルしか渡れなかったそうですが、2012年には45メートル、2014年には118メートルという記録を作ったそうです。

釈さんは左右の指1本だけで倒立する「一指禅」(イジチャン)という技や、斜めの壁を高速で走る『飛牆走壁』(フェイチャンソウビ)もできるそうです。まるで映画の世界ですね。映画の中のジャッキーチェーンをも越える達人なのかもしれませんね!

そんな大技を短期間で成功させることができるんでしょうかね〜。みやぞんがんばってーー!

スポンサードリンク

みやぞんの特技って?

みやぞんは、身体能力が極めて高いようです。イッタきりは、基本的な身体能力が高くないと勤まらない企画でしょうから、この辺りも抜擢の理由なんでしょうね〜!

  1. 野球は遠投90mを記録しているそうです。
  2. ボクシングをやっていて、パンチ力213㎏を記録。腋の下も鍋が潰せるほど強いらしい。スゴっ。
  3. どんな音楽でも一度聴けばすぐにその音楽をギターで弾くことが出来る、二人羽織でギターも弾けるらしい。
  4. 一瞬で人の身長を当てることができるらしい。
  5. 野球はエースで4番で、130kmを超える投球とキレのある変化球で野球専門誌でも注目され、大学からのスカウトもあったが、上下関係が嫌ということで全て断ったらしい。
  6. ギターは専ら独学で、勘だけで弾いているとのこと。ギターの教本でコードなどを覚えようとしたら、逆に弾けなくなったこともあったらしい。
  7. 子供の頃は野球を、中学生の頃はテニスをやっていた、テニスでは、初心者ながら経験豊富な相手を打ち負かしたこともあり、足立区大会で2位
  8. ピアノも音楽理論など知らないまま、耳コピーだけでその音楽の再現が出来たらしい

みやぞんってすごくないですか?

最後に

イッテQは毎週欠かせないテレビ番組ですよね〜。Qチューブの中岡をはじめ、天然記念物の宝庫のようです。こんなに楽しい企画が生み出せるプロデューサーの頭の中はどうなっているんでしょうね。

3月19日のイッタきりのみやぞんも楽しみです♪オレンジの少林寺の服がよく似合いますね〜!

★放送終了後→みやぞん25m成功しましたね!鷹にもなり切っていましたし!すばらしい〜!!何かになり切るって大事なんですね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク