【又吉直樹】劇場発表!印税や年収、彼女は?【NHKスペシャル第二作への苦闘】へ出演!

こんにちは、PINEです!
2月20日から2月25日の4日間、お笑いコンビ ピースの「又吉直樹」さんが「NHKプレマップ NHKスペシャル 又吉直樹 第二作への苦闘」に出演されます。

ご存知の通り、処女作「火花」で芥川賞を受賞した【又吉直樹】さんですが、2017年3月7日に第2作目として文芸誌「新潮」4月号で「劇場」を発表されます。

2作目は自身初の恋愛小説で、原稿用紙300枚にもなる大作のようです!芥川賞を受賞した「火花」を読んだ管理人は、登場人物の芸人さんが又吉さんに見えて仕方なかったので、今回の恋愛小説も又吉さんの経験に近しいもの??なんて期待しています。(ふふ)今日は【又吉直樹】さんについて、調べていこうと思います。

画像参照:model pressより

又吉直樹さんの基本情報から。

ご存知の方も多いでしょうから、簡単に。

本名:又吉直樹
出身地:大阪府寝屋川市生まれ
生年月日:生年月日 1980年6月2日

幼少期は貧しいお家で育ったようです。しかし、国語の実力テストが偏差値75。全国トップレベルだったようで、その頃から秀でる才能があったのでしょうね。

学生時代はサッカー少年。あのひょろひょろに見える風貌からは想像がつきませんが、サッカー強豪校の出身だったようです。(人は見かけじゃないのね!)

2015年7月に発表した第1作目「火花」は、累計283万部(単行本253万部、文庫30万部)の大ベストセラーとなり、記憶にも新しいですが、2016年には動画配信サービス「Netflix」にてドラマ化されましたね。さらに今年2月26日からはNHK総合でも毎週日曜 午後11:00から全10回で放送が決まっているようです。

ちなみに、「火花」は、売れない芸人の徳永が天才肌の先輩芸人・神谷と電撃的に出会い、弟子入りを申し込み、やがて頻繁に会うようになるという物語。2人のお笑い芸人を通して、才能や世間への葛藤が描かれています。人間の根本的な生き方というものを見つめたような作品です。深い話ながら、スラスラと読めることが出来る熱い話でした。
画像参照:文芸春秋より

【又吉直樹】さんの気になる「印税」「年収」は?

これだけ、評判がいいと、下世話な話ですが、印税や年収が気になりますよね!ww

「火花」の書籍の販売総額は、定価(税込1296円)に部数(240万部)を掛けたおよそ31億円にもなるそうです。印税は10%とも言われますから、書籍だけでも3億円を超える印税が【又吉直樹】さんに入る計算になりますね!さらにドラマ化もされていますので、より膨らむ訳です。

しかし、吉本が半分持っていくとの話もあるようで、2015年7月のスポーツニッポン電子版記事には約8300万円(当時)のうち、4000万円以上を吉本が持っていくと報じていました。吉本美味しすぎ〜〜!

実際の印税額は想像の範囲を越えませんが、印税もここまで膨らむと、驚く金額になりますね。芥川賞受賞後は、CMも1本2000万程度になるとのことですから、低く見積もっても、年収は1億を下らないのではないでしょうか。

いずれにしても、今回の第二作も期待が高まります。どの程度売れるか、そしてどの程度の印税が入るのは、今後も追っていきたいと思います!

画像参照:文芸春秋より

又吉直樹さんって彼女はいるの?

残念ながら、目立った噂はあまりないようです。

5年間付き合っていた一般女性と2011年に別れて以来、彼女はいないようです。一時期、さんま御殿で共演した本田翼さんと噂があったようですが、いつの間にか立ち消えましたね。

【又吉直樹】さんはよくよく見ると、良いお顔立ちをされていると思いませんか?管理人は意外に好きな感じです。(聞いてません?笑)実はイケメンで才能もありお金もあり、もっと色々な噂が立ってもおかしくないですね。勝手な想像ですが、きっと実直な方なんでしょうね〜。(そこがいいわ〜!)

画像参照:音楽ナタリーより

最後に…

管理人個人的な意見としては、第二作目の「劇場」も楽しみです。いつもはあまり恋愛小説は読まないのですが、【又吉直樹】さんのものは読んでみたいと言う気になります。

冒頭にも書きましたが、【又吉直樹】さんは「NHKプレマップ NHKスペシャル 又吉直樹 第二作への苦闘」へ出演されます。5分間の放送ですが、第2作のお話しが盛り沢山だと思いますので、ぜひチェックされてみてくださいね!第2作目は何部売れるんだろ〜。気になる〜!

〜放送日時〜

2/20(月)5:50~5:55  NHKEテレ1東京(地上波)
2/20(月)24:05~24:10 NHK総合1・東京(地上波)
2/20(月)24:55~25:00 NHKEテレ1東京(地上波)
2/22(水)22:45~22:50 NHKEテレ1東京(地上波)
2/24(金)10:55~11:00 NHKEテレ1東京(地上波)
2/25(土)15:45~15:50 NHKEテレ1東京(地上波)
2/25(土)23:07~23:10 NHK総合1・東京(地上波)

画像参照:文芸春秋より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク