ゲームプロデューサー【シブサワコウ】の気になる年収や嫁は?【NHK先人たちの底力】

2月21日(火)の「NHK先人たちの底力 知恵泉▽天下統一の秘策は城にあり!~若きカリスマ信長の知恵」にゲームプロデューサーである【シブサワコウ】さんが、鈴木ちなみさん,静岡大学名誉教授の小和田哲男さん、奈良大学教授の千田嘉博さんと共に出演されます!

実は私は【シブサワコウ】さんについて、全く存じ上げなかったのですが、ゲーム界では有名な方らしく、気になったので調べてみました。なんでも大きな会社を経営なさっているようです!6期連続の増益の会社です。どのように成功に導いたのでしょうか。調べていくいくうちに敏腕お嫁さんのおかげ?なんて思ったりして…。では早速。

【シブサワコウ】さんって誰?

まずは基本情報から。

本名:襟川 陽一(えりかわ よういち)さん

ペンネーム:シブサワ・コウさん

生年月日:1950年10月26日

出身地:栃木県生まれ

仕事:株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役社長

慶應義塾大学商学部を卒業後、お父様の会社の取引先に就職されたそうです。その後、家業である染料工業薬品の卸販売会社に入社しました。しかし、会社が廃業したのをきっかけに1978年、光栄を設立。

1980年10月に誕生日にお嫁さんからシャープ製パソコン・MZ-80Kをプレゼントされたことがきっかけで、【シブサワコウ】さんはパソコンに没頭。当時25万以上もする高価なコンピュータ—だったそうです!

その後、1981年、趣味としてつくった歴史シミュレーションゲーム『川中島の合戦』が大ヒットを記録。その後も、『信長の野望』『三國志』『決戦』などの名作を発表されています。「シブサワコウ」はゲームプロデューサーの名のようです。

【シブサワコウ】さんのお仕事って?

さて【シブサワコウ】さんの経営なさっている会社はどのような会社なのでしょうか。

【シブサワコウ】さんが経営されるコーエーテクモグループは人々の心を豊かにする「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ・プロバイダー」を目指している会社とのこと。

激変する経営環境下においても、6期連続の増益を達成するなど着実に成果を挙げていらっしゃいます。2016年3月期の売上は、連結:383億3200万円、単独:71億6500万円です。大きな会社ですね〜。

元々コーエーはお嫁さんとお二人で創業されたようで、創業当初の経営は専務であるお嫁さんと二人三脚で行ったと言われています。

【シブサワコウ】さんのお嫁さんって?

見るからにあげまん的な風貌のお嫁さんです。

襟川恵子さんといい、ゲームデザイナーであり、コーエーテクモホールディングスの代表取締役会長です。

社員食堂に中庭を設けたり、あちこちに絵をかけて花を飾ったり池を作ったりと社員が癒される環境づくりを心がけていらっしゃるようです。社員教育には特に力が入っているようです。お嫁さんの母性本能が会社を成功へ導いたような気がします。

【シブサワコウ】さんはお幸せ者ですね。

【シブサワコウ】さんの職歴って?

1978年7月 (株)コーエー 設立を設立され、代表取締役社長に就任されます。その後、1988年 に米国サンフランシスコ、1989年に中国天津市とのソフトウェア合弁会社、1992年北京にて会社を設立されます。

現在は、公益財団法人 科学技術融合振興財団理事長、コーエーテクモホールディングス(株) 代表取締役社長、(株)コーエーテクモウェーブ取締役、 (株)コーエーテクモネット取締役、 (株)コーエーテクモゲームス代表取締役会長(CEO)を現任されています。

受賞歴も数知れず、1990年 10月 (社)ニュービジネス協議会アントレプレナー大賞、2003年 3月 (財)デジタルコンテンツ協会「デジタルコンテンツグランプリ」人物表彰・特別賞。2012年 には日本シミュレーション&ゲーミング学会 学会賞。2016年 8月 CEDEC AWARDS 2016 特別賞などを受賞されています。

【シブサワコウ】さんの年収って?

さて、【シブサワコウ】さんの実際の年収はどの程度なのでしょうか。年収自体は公開されていないのですが、以前フォーブスに襟川陽一さんの資産が公表されたことがあります。

かなり古いデータですが、当時で7.8億ドルの資産とのこと。当時のドル円のレートは大体123円くらい。換算すると日本円だと約959億円!

お嫁さんの襟川恵子さんとあわせての資産なのですが、すごい金額です。結局年収は分からないのですが、桁違いなことは間違いないでしょう。

「シブサワコウ」という名の由来は?

お嫁さんでもある会長の襟川恵子さんから、ファッションでブランドを発信するようにゲームでも同じことをしたほうがいいという助言を受けたために、【シブサワコウ】というペンネームを使い始めたそうです。

明治時代の実業家である渋沢栄一のシブサワと、社名の光栄(現コーエーテクモの前身)の「コウ」から取って付けたとのこと。

お嫁さんの助言のおかげで、【シブサワコウ】さんはどんどん成功なさっていったのでしょうね。お嫁さんのお力は偉大です!

まとめ

【シブサワコウ】さんは本名襟川 陽一さん。夫婦二人三脚でではじめたコーエーという会社を成功へ導いた方です。【シブサワコウ】さんの「ゲームが好きだ!」という純粋な心と、お嫁さんの母性本能が日本のゲーム界に大いなる影響を与えたような気がします。

冒頭にも書きましたが、シブサワコウさんは2月21日に「NHK先人たちの底力 知恵泉▽天下統一の秘策は城にあり!~若きカリスマ信長の知恵」に出演されます。ゲーム界の秘話も聞けそうですので、ぜひご興味のある方はご覧になられてくださいね。

私は、お嫁さんである襟川恵子さんに興味津々です!敏腕女社長の生き様をまたの機会に調べてみようと思います!

画像参照:株式会社コーエーテクモホールディングス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク