マツコ利尻ラーメン(味楽みらく)の通販お取り寄せ方法は?(北海道物産展)

マツコが絶賛する利尻島のラーメン屋味楽(みらく)が、マツコの知らない世界に登場です。通販やお取り寄せ方法、値段などを調べました!

画像参照:ぐるたび

スポンサードリンク

味楽(みらく)の本店はどこ?

まずは、味楽(みらく)の本店の場所から見てみましょう!昆布が有名な北海道の利尻島にあります。

めっちゃ北なのにこんなに並んでる。。。

味楽(みらく)は、都内から飛行機と船を乗り継ぎ、8時間かかるらしく、日本一行くづらいラーメン屋としても有名なんですけど、いつもいっぱいのよう…。

美味しいことはさることながら、もう一つ別の理由として、営業時間がたった2.5時間しかあいていないもんだから、なお幻のラーメン感満載(笑)これって行きたくなるよね。

ちなみに、観光で行く時には、定休日の木曜日は避けて行ってね!

味楽本店情報

住所:097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形本町67

開店時間:11:30~14:00

定休日:木曜日

味楽(みらく)は横浜でも食べられる!

なんと関東近郊の方は、横浜ラーメン博物館でも近場での味楽(みらく)の焼きラーメンを食べることができます。以外に身近にあってびっくりです(笑)

でも、ラーメン博物館って、本場とはまた違うんですよね…。以前福岡の有名店「福ちゃんラーメン」が出店した際、あまりの違いに残念な気持ちになりました。やっぱり本場に勝るものはありませんよね。

味楽ラーメン博物館(横浜)

住所:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目14-21

ミシュランガイドにも掲載された!

味楽(みらく)2012年のミシュランガイドにも載りました。直近では、ミシュランに載らなかったけど、安くておすすめの店として認定される2017年にはビブグルマンに選出された名店です。

参考画像:アメブロ

お取り寄せ通販方法!

味楽(みらく)には通販で購入できる方法があります!

楽天市場に一食491円(税込)で販売されていました!1万円以上で送料無料になりますけど、ラーメンをそんなに大量に買わないでしょうから、少し割高になりますね。

スポンサードリンク

店主の江刺家美次はどんな人?

この方が店主の江刺家美次さん。奥さんと一緒にお店を切り盛りしています。

元々公務員だったのですが、退職して実家の利尻に2007年に味楽をひらきました。利尻昆布の出汁が日常の生活に溶け込んでいた店主は、こんな風に語っています。やっぱり小さい頃の原体験って何にも代え難いですね。

母親が作る味噌汁はあたりまえのように昆布出汁だったので、汁物の美味しさは出汁が命という信念がありました。

利尻ラーメンは出汁までしっかりいただけそうですね。あ…よだれが。

画像引用参照:ぐるたび

味楽(みらく)はふるさと納税でも!

北海道利尻町のふるさと納税に味楽のラーメンがありました。でも残念ながら今年はすでに締め切り終了です。

金額は10食2万円です。

これに利尻んとろろとがついてくるらしいです。つまり、とろろ昆布です。息子がラーメン好きなので、来年のふるさと納税は、いいかなと思ったり思わなかったり。

まとめ

マツコも大絶賛する利尻ラーメン味楽、東京から8時間もかかるけど、ラーメン好きとしては、いつか行ってみたいなぁと思わずにはいられませんでした。

  • マツコ絶賛の利尻ラーメンは味楽
  • 味楽の営業時間は昼間のたった2時間!
  • 味楽はラーメン博物館にも支店がある
  • 楽天の通販で取り寄せすることができる
  • 北海道利尻町のふるさと納税でも購入可能(2018年は終了)
  • 店主の実家が利尻。母の味噌汁の出汁が忘れられずラーメンも昆布出汁
  • 公務員退職後、2007年に開業
  • 2012年には、ミシュランにも選出

こんな感じでまとめてみました。いかがでしたでしょうか。新情報がありましたら、追記していきますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク