アリス紗良オット(ありすさらおっと)かわいい!裸足のドイツハーフピアニスト!経歴やプロフィール母親は?【セブンルール】

こんにちは、pineです。最近セブンルールにはまっています。5月23日は裸足のドイツのハーフピアニストのアリス紗良オット(ありすさらおっと)さんが出演されます!ピアノ界のジャンヌダルクとも評されるアリスさん、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

舞台に裸足であがるアリス紗良オット(ありすさらおっと)さん。ピアニストとしての腕はさることながら、とても美人でかわいい!天は二物を与えますね(笑)今日はアリス紗良オット(ありすさらおっと)さんについて調べてみます!

スポンサードリンク

アリス紗良オットさんの経歴やプロフィール

アリス=紗良・オット(アリス=さら・オット、Alice-Sara Ott、1988年8月 – )は、ドイツ・ミュンヘン出身のピアニストです。

ドイツ人と日本人の両親をもつアリスさんは、ピアノをはじめてから、5年足らずのうちに世界各地の主要なコンサート・ホールで演奏し音楽家の一人として確固たる地位を築き、世界有数のオーケストラや指揮者と定期的に共演を重ねています。

2008年よりドイツ・グラモフォンと専属契約を結ぶ。2015年3月に発売されたオーラヴル・アルナルズとのコラボレーション・アルバム「ショパン・プロジェクト」はイギリス、フランス、イタリアなど25カ国のiTunesクラシック・チャートで1位にランクイン。2010年10月には、エコー・クラシック賞の「ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞。2016年秋、グリーグ アルバムを発売。と、今大活躍のピアニストです。

参考画像

スポンサードリンク

母親や、ピアノを始めたきっかけは?

家族は、父親がドイツ人、母親が日本人のハーフ。そして、妹のモナ=飛鳥・オットさんもピアニストな生粋の家系です。

母親もピアニストで、さぞお母さんがご熱心にピアノを教えたんだろうと思うのですが、実は、アリスさんにピアノを勧めたのは、母親ではなかったそうなのです。こんな逸話が残っています。

ある日、アリスさんはお母さんと一緒に、ピアノの演奏会へ行きます。それは男性ピアニストの2時間に渡る演奏会でした。3歳の幼いアリス紗良オットさんには、2時間長すぎ、とても落ち着きがなかったそうなのです。

その光景を見てご両親は「この子には音楽は向いていないのかもしれない」と内心思っていた。ところが、長時間の演奏会が終わると、 突如アリスさんは、
「私、ピアニストになる」

と、両親に向かって宣言したそうなのです。落ち着きがなかったアリスさんは、なぜピアニストになりたいと思ったのでしょう。それは、一人の演奏家の弾く音楽に、多くの聴衆が静かに集中して聴いていたのを3歳のアリスさんは、私も、このように人々に聴いてもらいたい、と思ったそうなのです。3歳でそんなこと思います?すごすぎます。そして、次の日から、アリスさんは

「 ピアノ(Klavierグラビア)を習いたい」

母に懇願。しかしお母さんは「だめ」と言います。お母さんの教育方針としては、子供には親がピアニストだから、娘もピアニストにという思いは全くなく「可能性がいっぱいあるから、その中から子供に向いているのがわかってからでいいのだ」と考えていたそうです。

しかし、アリスさんはお母さんの顔を見れば
「ピアノ(Klavierグラビア)」
「ピアノ(Klavierグラビア)」

と繰り返し、そんな状態が1年続いたらしいのです。まだ小さいのに、しっかりしていますね!そして、ついにお母さんが根負け。その後、ピアノを習いに行き、数年で市内のピアノ演奏会で1等賞を取ったようです。 その後も躍進は続き、モーツァルテウム音楽大学のカール=ハインツ・ケマリンク先生に師事。めきめきと頭角を表したようです。

画像参照

アリス紗良オットさんの演奏(動画)

アリスさんの演奏をお聞きください!

CDで聞きたい人は…

2016年にCDも出ているそうです。
ワンダーランド¥3,240

最後に

アリス紗良オットさん、これから益々活躍の場を広げそうですね!ピアノって聞いてるだけで落ち着きますね。今後の素晴らしい演奏を楽しみにしてます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク