コロワイ族の場所は?生活はツリーハウス?言葉は?食べ物は?人食い?【仰天ニュース】

こんにちは、pineです。5月2日の仰天ニュースでは、赤道直下のジャングルの奥地で大自然とともに生きるコロワイ族に会いに行ったそうです。

コロワイ族は、全くと言っていいほど文明文化が入っておらず、超原始的な生活をおくっているらしいのです。なんと、深い森の中で、高さ10メートルにも伸びる木々の上に暮らしているようです!コロワイ族の人たちは、どんな場所で生活を送っているのでしょうか。調べてみます!

スポンサードリンク

コロワイ族って?

コロワイ族の推定人口は約3000人。昔はもっといたのかな?

1万年前の石器時代と変わらない生活を今でも行っている民族、部族のことです。住まいはツリーハウス。今の日本の生活からは考えられないような原始的な生活ですね。

どこの国に住んでいるの?

コロワイ族の人たちは、パプアニューギニアに程近いインドネシア西パプア南部のエイランデン川流域に住む、日本から直行便の飛行機で約7時間の位置にあるインドネシアのパプアニューギニア島のにあるようです。

言葉は?

コロワイ族の人たちは、独自の言語が発達しているようです。通訳できるのは、近くに住むインドネシア人くらいだそうです。小さなコミュニティの中では、オリジナルの言語が発達するのも分かりますね。

ツリーハウスに住んでる?

他部族や猛獣から身を守るため、地上数十メートルの木の上に壮麗なツリーハウスを建築して暮らしています。鳥の巣みたいですよね〜。高所恐怖症の人は、住めませんね。ww

番組で登場したツリーハウスは19畳もありました!床はスケスケで、私は怖くて住めない〜〜><

食べ物は?

サゴヤシという木から取れるデンプン質のものを固めて食べているようです。貴重な栄養源のようです。

また、バナナや虫を魚を食べているようです。ネズミやこうもりなどもお肉も食べるようです。

「人食い」ってどういうこと?

今でこそ、テレビなどの取材で、現代人と接することが多くなってきたものの、少し前までは、彼らは文明に接したことがほとんどなく、魔力や悪霊を信じ、数年前まで人肉を食べていたことが確認されている人食い人種だったとも言われているようです。

そもそも文明から隔絶されている彼らの生活はそのルールも原始的で、コロワイ族は病原菌による病気という概念がなく、病気は悪霊「カクア」による仕業だと考えていました。

そのため、人間が死んだ場合はカクアの魔術の犠牲になったと考え、魔女狩りを行いカクアとみなされた人物を惨殺して食べる習慣があったそうです。

一説によると「日本人は美味しい」という説もあるようですが、そもそも人種の違いが分からないでしょうから、単なる噂なんだろうと個人的には思っています。ちなみに、今は人食いの習慣もなくなっているようですので、安心ですね。じゃないと、ロケには行けないか。ww

スポンサードリンク

動画で見るコロワイ族

本当に原始的な生活を送っているんですね〜

最後に

今のこの時代にも、コロワイ族の方のような生き方をしている人が実際にいるんだと思うと、今の自分の暮らしが全てではないんだなと改めて考えてしまいます。

地球にとっては、コロワイ族のような原始的な暮らしが優しいのでしょうね。私たちが失ってしまっている感覚を教わる良い機会になるような気がしますね。もちろん到底マネはできませんけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク