嫌婚男子(けんこんだんし)とは結婚を嫌がる男子のこと?!【行列のできる法律相談所】

こんばんわ、pineです。

3月19日の行列のできる法律相談所で嫌婚男子(けんこんだんし)という言葉がでました。この言葉をご存知ですか?

スポンサードリンク

◎嫌婚男子(けんこんだんし)とは

「結婚」を「嫌う」「男子」のことです。

◎この言葉はいつ生まれた?

新語「嫌婚(けんこん)」の誕生した日は2012年4月22日と言われているようです。

『20代の仁義なき 婚活暴走女子VS.嫌婚男子』という記事を木村恵子さんという雑誌AERA副編集長の方が書かれたようです。

その後、2017年冬の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』で人気バンドflumpoolの山村隆太さんが「結婚したくない男」名波竜(ななみりゅう/ナナリュー)を演じ話題となり、それに派生して改めて「嫌婚」というワードが注目されたようです。

元々日本語には「嫌婚」という言葉すらありませんから、造語です。

画像参照:http://dentsu-ho.com/articles/4080

スポンサードリンク

◎男性はなぜ結婚をしたくないと思うのでしょうか?

男性も女性も昔のように結婚が当たり前の時代は終わっていますよね。時代の流れなんだろうなと思います。

現在言われている男性が結婚をしたくない理由は「収入の低さ」が一番の原因とも言われています。他にも「自由でいたい、縛られたくない、自分のお金を自由に使いたい、責任が重い、結婚したいと思える相手がいない、既婚者を見ているとデメリットしか見えない、子育てが不安」などがあるようです。

どれも結婚というものにメリットを感じていないようですね。昔と違い、趣味趣向も幅が増えていますので、結婚だけにとらわれる必要はないと思います。

しかし、国としては、子供が減れば国力が落ちる訳ですから、少子化対策は存分にすべきでしょう。安心して子供が産める国になれば良いなと思います。

◎最後に

結婚も出産も人ぞれぞれ。一概にコレが良いとは言えませんね。

個人的には、一概に結婚は悪いものとは思いません。一概に良いとも言えませんけど(笑)やってみたい人は一度くらいしてみるのも良いものなのかなとは思います♪昔から仲の良い男友達は、絶対に結婚はしたくないと今でも言います。いや〜こればかりは人それぞれですよね〜^^

嫌婚(けんこん)という言葉は、世相を表す言葉なんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク