鈴木徳昭(サッカー通訳)の年齢やあだ名や経歴や今現在は?【あいつ今何してる】

サッカードーハの悲劇でオフト監督の

通訳をした鈴木徳昭(すずきとくあき)さんが

「あいつ今何してる」に出演です!

石原良純さんの慶応の同級生!

なぜオシム監督の通訳や

オリンピック招致に関わることに

なったのでしょうか?

画像参照:https://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20121116/spo1211160712003-n1.htm

石原良純さんの同級生の

鈴木徳昭(すずきとくあき)さんの

経歴や年齢、今現在について調べてみます。

画像参照:ZAKZAK

スポンサードリンク

経歴は?

1961年12月3日生まれ。

石原良純さんと同級生で、慶應大学卒業後、

1984年に日産自動車に入社。

慶應でキャプテンをつとめていた鈴木徳昭さんは

1993年まで日産のサッカー部担当。

その後、日本サッカー協会に移り

2008年までオフトジャパンの通訳に携わる。

その間、

国際サッカー連盟(FIFA)に出向。

2002年:W杯招致委員会で日韓W杯開催に尽力

2006年:アジアサッカー連盟(AFC)出向

サッカーに人生を捧げていますね!

そして、2012年には

オリンピック東京招致委員会の

戦略広報部長に就任。

2013年に、招致が確定したと同時に退任し

現在は日本サッカー協会に在籍。

日本の歴史的な瞬間を目の当たりに

されているスゴイ方ですね!

画像参照:NEVER

石原良純と鈴木徳昭の接点とは?

二人は慶應中学の同級生でサッカー部Xでした。

鈴木徳昭さんは、サッカー部のキャプテンで

実力が高く部を仕切る存在。

鈴木徳昭さんは学生のころから、

日本にもプロサッカーリーグができる!!

と熱く語っていたそうです。

その片隅で良純は

(サッカーの)プロリーグなんて絶対できない!

と毒舌全開で思っていた模様(笑)

石原良純さんらしいわ。

40年以上前から予見していた鈴木徳昭さん。

先見の眼がありますね〜!

ドーハの悲劇の通訳になった経緯は?

日本サッカー協会に在籍中、

独学(留学未経験)

培った語学力をかわれ、

2008年までオフトジャパンの

通訳担当になったそう。

英語って海外留学しないと話せるように

ならないって思ってますけど

全くそんなことはなんですね(笑)

で、1994年にドーハの悲劇を味わうことに。

今でもあの映像って衝撃的ですもんね。

画像参照:日経新聞

ドーハの悲劇(日本vs イラク)の動画

久しぶりに見ちゃいましたよ、

↓ ↓ ↓

ノーカット14分

鈴木さんはこれを目の前で体験したのね…

オシム監督通訳時代のあだ名は?

ちなみにオシム監督の通訳を

していた時のあだ名は

コシム だったよう。

小回りして先回りして

素晴らしい気配りだったんでしょうね!

年齢は?

2018年現在、鈴木さんは、

56歳(2018年現在)。

現役バリバリですね!

まとめ

今日は鈴木徳昭さんについてまとめてみました。

いかがでした?

鈴木徳昭さんは…

  • ドーハの悲劇をオシム監督通訳として現場で体感
  • 2018年現在、56歳
  • 現職はサッカー協会在籍
  • 2012〜2013年までオリンピック東京招致委員会の戦略広報部長
  • オリンピック招致確定に立ち会う
  • 石原良純と慶應で同級生同じサッカー部

オリンピックのあとは何をされるのかしらね?

これからの活躍も気になります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク