【外国人女流プロ棋士誕生】カロリーナ出身は?家族は?住まいは?始めたきっかけは「NARUTO」!【バイキング】カロリーナ

こんにちは、PINEです!

2月24日(金)にお昼の番組「バイキング」に外国人の女流棋士の方が出ていらっしゃいました。

将棋界初で男女を通じて初の外国人棋士の誕生となるそうです。これから将棋界の先駆者として活躍されるんでしょうね〜

今日は素顔もチャーミングなポーランド・ワルシャワ出身のカロリーナ・ステチェンスカさん(25歳)について追ってみました!

◎基本情報

名前    カロリーナ・ステチェンスカ
生年月日    1991年6月17日(25歳)
棋士番号    59
出身地    ポーランド・ワルシャワ
師匠    片上大輔六段
段位    女流2級

2017年2月20日東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた女流名人戦予選で貞升南女流初段に勝ち【女流2級】への昇級、つまりプロになりました。

ついに外国人棋士の誕生です!将棋界もグローバルになりますね。

◎将棋をはじめたきっかけは?

カロリーナさんが将棋を始めたきっかけは高校生のときに漫画の「NARUTO」だそうです!「NARUTO」に出会ったときのことをこんな風にお話しされています。

「それは恋に落ちるような体験でした。日本語ではなんと言うのでしょうか? 「FUSHIGI」でしょうか。まさに神秘です。」

日本が世界に誇る漫画はこんなところでも影響を与えているんですね!

管理人は漫画にはあまり興味はないのですが、あるきっかけで「NARUTO」を読んだことがあるんです。確かに面白かったんですよね。漫画って世界共通なんですね〜。

◎カロリーナさんが一番苦手なこと

ずばり「正座」だそうです。

日本人の私でも正座はツラいのですから、床に座る文化のない方にとっては、それはそれはツラいものと思います。

でも棋士には正座がつきもの。カロリーナさんは、つめ将棋で正座を克服されたようです。人はツラいことでも目標があれば克服できるのですね〜。ツラいことからスグに逃げてしまう管理人としては見習わなければ(笑)

★日本に来て一番驚いたこととは?

タクシーの後部ドアが開くことに一番驚いたようです。

これ海外あるあるですよね(笑)日本人が海外の行ったときは、反対に開かなくて驚きますもんね〜。私も海外では未だに慣れません。(^^;毎回日本って最高って思います。ww

◎ご家族は

ご両親と双子の妹さんがいらっしゃるようです。双子の妹さんはカロリーナさんに似ているんでしょうかね?お写真など探してみたのですが、見当たらず。ポーランド・ワルシャワに旅に出ねば。ww

◎現在は?どこに住んでいる?

カロリーナ・ステチェンスカさんは、山梨学院大学で勉強されています。

2014年に同大学現代ビジネス学部3年に編入、2016年4月には同大学大学院に進学され、甲府市にお住まいのようです。

現在は、東京の将棋道場に通っては、女流棋士らと将棋漬けの日々だそうです♪大忙しですね。

◎カロリーナさんさんの漢字習得術が面白い!

将棋用語から連想され漢字を覚えていらっしゃるようです。

例えば「『歩』いて『銀』行まで行って、お『金』を下ろす」などなど。好きなものや身近なものから覚えていくというのは得策ですね!

◎カロリーナさん今後の目標は?

カロリーナさんの今後の目標は

「女流2級はスタート地点、初段を目標にがんばります」

と、きっぱり仰っています。またこんな風にもお話しをされています。

海外の将棋愛好家にとって最大の問題はよい教材がないということです。ですから、私の目標の一つは、日本語の将棋の教本を英語に翻訳することです。将棋を学ぶ世界の人々にもっと強くなってほしいのです。

もう一つの問題は、どうやって将棋をより知ってもらうかということです。そのためにインターネットでイベントを開催して私の将棋を多くの人たちに見ていただきたいと思います。

将棋界でのカロリーナさんは、益々活躍されそうですね!

最後に

海外から日本に渡り、文化も違う、言葉も通じない中、女流棋士になるまでの道は長くツラいことだったと思います。しかし、プロ棋士になりたいというカロリーナさんの意思が、このような結果を生んだのですね。

目標や夢があるということが、どれだけ素晴らしいことなのか、改めてカロリーナさんさんに教えていただいた気がします。管理人は一本筋の通った女性が好きなので、これからも応援していきたいなと思いました。女流棋士ってなんだか響きがかっこいい!と密かに思ってます。ww みなさんも一緒に応援しましょう!

参考画像:huffingtonpost NHK NEWS WEB 朝日デジタル huluより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク